代表者の挨拶 キモノハーツ(着物の心)を伝える。
時代や世の中が変化しても、残していかなければならないものがあります。

カナエキモノハーツとは、着物が本来持っている美しさや楽しさ、着る喜び、そして着物の魅力を最大限に引き出すことを
目指すスタッフやクリエーターの会社です。

私たちは日本の伝統文化である着物を通じて、お客様に和の心を感じていただき、さらに着物の新しい魅力を創造し続けます。
伝え続けることによって、すべてのお客様の幸せのお手伝いをさせていただく事が、私たちの夢であり、私たちの喜びです。
そして、お客様のご要望にできる限りお応えし、問題があれば責任をもって解決する。お客様からのご満足と共感を
いただきながら、生涯、着物を通じてお付き合いいただく事を目指しています。

時代や世の中が変化しても着物は日本の文化であり心です。社名にあるカナエ(鼎)は、三本足の器。
三本の足は、お客様と文化を守る作り手さんと私達を指します。

これからも私たちは、皆様に職人の技術や日本の文化を、また、キモノハーツ(着物の心)を伝えるべく、
ブランドコンセプトである「キモノ × ライフ × スタイリング」を掲げ、愛と情熱を注いでまいります。

株式会社 カナエキモノハーツ 代表取締役 藤林 博行

  • 採用情報
  • 和文化環境への取り組み
  • タイアップ企業
  • メディア&パブリシティ
このページのTOPへ